ビフィズス菌と乳酸菌の違いを知って腸内環境を改善

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

私が運営するサイトに『ビフィズス菌と乳酸菌は同じもの?』と検索され訪問された方がいらっしゃいました。

そのため、このページではビフィズス菌と乳酸菌について書き進めていこうと思います。

まず、ビフィズス菌と乳酸菌は同じ善玉菌となります。

ですから、広意義にわたると同じとものと分類されることもあります。が、それぞれ一応別の物となります。

答えとしては『ビフィズス菌と乳酸菌は同じものではない』ということになるんですね。

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌と乳酸菌は同じものではない

ビフィズス菌は糖を分解して乳酸と強い殺菌力をもつ酢酸、ビタミンB群、葉酸を作り出すことができます。

乳酸菌は、乳酸を作り出すことは同じなのですが、乳酸菌の定義として、糖を分解して作る代謝物の50%以上が乳酸であるということが挙げられるのです。

つまり、ビフィズス菌が作り出す乳酸は糖を分解した時に50%に満たず、酢酸、ビタミンB群、葉酸も多く作り出す菌がビフィズス菌とされるのです。

ビフィズス菌の別名といいますか、生物学上の名称で、ビフィズス菌=ビフィドバクテリウムと呼び、実はなんと腸内の善玉菌の99.9%がビフィズス菌なんです。

腸内の善玉菌はほぼビフィズス菌といっても過言ではないわけなんですね。

それにより、ビフィズス菌は善玉菌の代表格とされているんです。

乳酸菌の約100~1万倍で、ビフィズス菌の数は1兆~10兆個といわれているんです。

乳酸菌はビフィズス菌をサポートして腸内環境を整える

乳酸菌はビフィズス菌をサポートして腸内環境を整える

では、乳酸菌は必要ないのかというとそんなことはなく、乳酸菌はビフィズス菌のサポート役なんです。(ちなみにオリゴ糖はビフィズス菌のエサとなるんですよ)

乳酸菌は腸内でビフィズス菌が生息しやすい環境を整えるという重要な役割を担っているんですね。

それぞれが相互に関係して私たちの腸内環境を整えてくれているというわけなんです。

ビフィズス菌だけのサプリメントを飲み、乳酸菌も摂れるサプリ、さらにはオリゴ糖を含むサプリメントを同時に飲むことが腸内環境に不安がある方にはおすすめとなるんです。

そして、腸内の悪玉菌を優勢にさせないようにするということも大切ですね。
つまり、善玉菌を減らさないようにしないといけません。

腸内の悪玉菌が優勢になる(善玉菌が減少する)原因には生活習慣(食習慣、ストレスなど)によるものがほとんどとなります。

また、善玉菌は年齢を重ねるほどに減少していきますが、これは自然の摂理として避けれないものなんです。

ですから、私たちは、年齢を重ねることで、なんらかの対策を取っていかなければならないのです。

  • 食生活の改善
  • ストレスを溜め込まない
  • 体を鍛える

などなど、出来ることは多くありますから、現在、腸内環境に不安を抱えているという人は少しづつでも生活習慣の見直しをしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加